イヤイヤもそのうち飽きる?

口癖?って思うほどに連発する「イヤ」。

もちろん本当に気に入らず「イヤ」って言うこともあるんですが、

何に対しても言われてしまうと、たとえ2歳児の反抗期だってわかっていても、

言われる側としては参ってしまいますよね。

 

でも乗り切るしかありません。

こっちがテクニックを身につけていくしかないんです。

 

意味もなく「イヤ」って反抗していると感じたら、

しばらく放っておきましょう。

ちょっと時間をおけば、同じことを聞いても「うん」って言うもの。

 

あまりにもひどい時は

「そんなにイヤって言われると、ママは悲しい」

って、できるだけ悲しそうに気持ちを伝えます。

 

母親には演技力も必要なんです(笑)

 

周りの人に迷惑をかけると思った時は、しっかりと目をみて

「ママのお話聞いて」

ゆっくりと、毅然とした態度で話します。

 

2歳児だって自分自身のことはちゃんとわかっています。

ワガママを言っているとわかっているときは、目を合わせようとしないんです。

その時は、全く違う話をしたり抱っこしたりして、

気分を紛らわせる。

 

もしちゃんと聞くことができたら、とにかくほめちぎります。

 

さすがの反抗期でも、そうしょっちゅう「イヤ」と言っていれば

飽きてきます。

そのころには言葉も増え、自分の気持ちを伝えられるようになっています。

 

「イヤ」のほかに「えー」「そんなぁ」なんてバリエーションも出てきますが、

2歳児の反抗期も終焉を迎えている証拠。

ママも慣れてきて余裕も生まれます。

 

いつかは落ち着く日がやってきます。

あまり「イヤ」を真に受けず、一枚上手の明るいママを演じ切りましょう。

子供は明るいママが大好きなんです!








CmsAgentTemplate1001-1005 ver1.008