卒乳~いつかは卒乳できる?~

2歳を過ぎても卒乳できず、オッパイを飲んでいるわが子を見た人から、
「まだオッパイを飲んでいるの!?」と言われたことが、おそらくあるでしょう。

ここで思い悩むのはお母さんだけで、
当の本人は「いいの。まだ飲みたいんだから!」と思う、
もしくは言っていることでしょう。

そうなのです。
本人は“まだ”オッパイが必要なのです。

「いつかは卒乳できる!」
と割り切ってみるのも一つの方法。

小学生になっても、まだオッパイを必要としている子はいないと言って等しいでしょう。
そう思うと保育をするお母さんもプレッシャーから解放され、気持ちも楽になります。
するとその気持ちも子供に伝わり、2歳児なりに感じ取り、
自然と卒乳ができるかもしれません。

“2歳になったらやめるべき”“自然と離れるまで待つ”
この二者択一の決断には悩むところ。

子供の性格による部分もあると思いますので、じっくりと観察をしてみて。

一度「オッパイやめる?」と聞いてみましょう。
そこから卒乳への一歩が踏み出せるかもしれません。








CmsAgentTemplate1001-1005 ver1.008