卒乳~なぜ卒乳が必要か?~

夜寝る前にせっかく歯を磨いても、就寝時の授乳や夜中に授乳をすることによって
口の中が汚れていきますし、その汚れも磨かれないまま残ってしまいます。
そこから虫歯が発生し、どんどん広がっていってしまうのです。

また2歳になると歯も生え揃い、きちんと咬んで食べられるようにもなります。
そしゃくは脳の発達を促しますし、口から脳へと様々な情報を送る役割を担っています。

歯は、本当に大切な体の一部分なのです。

2歳児での授乳は、子供にとっては習慣となっているものであり、
お母さんにとっては「オッパイをあげれば寝てくれる」という
手段になっているのではないでしょうか。

保育面でのけじめをつけるためにも、虫歯を予防するためにも、
卒乳を考えるべき時期になっているといえます。








CmsAgentTemplate1001-1005 ver1.008