'."\n";?> 注意が必要な夜泣きとは : 2歳児.jp

注意が必要な夜泣きとは

2歳児の夜泣きは良くない」といった説には、医学的な根拠はありません。
また病気の兆候であるとも、あまり考えられてはいません。

注意が必要な夜泣きは、激しく泣いた際に吐いてしまった場合です。
腸重積や脱腸といった緊急を要する病気であることがあるためです。
そのような状況になった場合には、直ちに病院に行ってください。

2歳になれば睡眠と覚醒のリズムはできあがっています。
そのため、同じ時刻に起こる夜泣きは、
睡眠リズムの生理的な現象として位置づけられています。

ですので保育の点から考えて、日中の過ごし方にメリハリをつけた生活を送り、
いつかは終わりが来ると割り切って過ごしてくださいね。

ずっと夜泣きが収まらず心配な場合は、
かかりつけの小児科医や3歳児検診の際に相談してみましょう。

何人もの子供やママを見ている小児科医であれば、
ママと子供の様子や発育から的確な判断とアドバイスがもらえます。

一人で悩まずに不安なことは相談してみましょう。








CmsAgentTemplate1001-1005 ver1.008