2歳児しつけ~基本的な生活習慣から~

いろいろなことを自分でしたがりますし、大半のことが自分の力でできるようになる2歳児
しかしまだまだ「できるはず」「できるつもり」の枠から完全には抜け出せていません。

まずは危なくない限り、やりたがることをやらせてみましょう。
できなくて当然、といった心構えで見守っていき、
手助けが必要な時には手を差し延べてあげてください。

時にはイライラしてしまうこともあるでしょうが、
人は皆、失敗をしながら成長をしていくものです。

2歳児で確立させたいしつけは、本当に基本的な生活習慣です。
「いただきます」「ごちそうさま」「おはよう」「こんにちは」などの挨拶、
外から帰ってきたら手を洗う、一人でご飯が食べられるようになる、
歯磨きをする、洋服を着る・脱ぐ。

こういったしつけは、まず周りの大人が手本を見せてあげることが重要ですので、
お母さんが先頭に立ち、態度で教えていきましょう。

子供の成長は一人一人に個人差があることを忘れてはいけません。
中には恥ずかしくて挨拶のできない子もいます。
「何でできないの!?」と叱りつけることは、決してしつけとはいえません。
焦らずじっくり、おおらかな気持ちでしつけに取り組んで行きましょう。








CmsAgentTemplate1001-1005 ver1.008