2歳反抗期~おさまるまで気長に待つ~

寝顔と笑顔で心が癒されていた赤ちゃん期から一変、
2歳には反抗期がやってきます。

ある日突然イヤイヤばかり。
親としては戸惑い、苛立ってしまいます。

一歩引いてその姿を見ると、その反抗期もかわいいものです。
しかし当の本人達にとってはそれだけでは済まされない、真剣勝負の日々です。

「終わりはやってくる」と頭では分かっていても、
「本当に終わりはやってくるの?」と頭を抱えてしまいますよね。

2歳の反抗期では、頭から押さえつけ、子供の反抗を無視するのが、
最も良くない対処の仕方です。

無理矢理親の言うことを聞かせてしまえば、その場はやり過ごせるかもしれません。
しかし、親子の間で大切な信頼関係を築くことはできないのです。

2歳児が反抗をしてきたら、まず言い分を聞いてあげましょう。
受け入れられない時は、なぜ受け入れられないのかを説明してください。
代替案を提案するのもいいでしょう。

それを繰り返していくうちに、2歳児も成長をしていきます。
気がつけば言葉でも気持ちでもコミュニケーションが取れるようになっています。
2歳児の反抗期も、過ぎ去ってしまえば、
もしかしたらかわいく楽しい思い出になっているかもしれませんよ。








CmsAgentTemplate1001-1005 ver1.008