メイン | 2007年06月 »

2007年05月 アーカイブ

2007年05月21日

2歳児の発達~めまぐるしい運動能力の発達~

今まで階段の上り下りをする時には手すりにつかまったり、
階段に座りながら上ったり下りたりしていたのが、
足だけでできるようになっていきます。

そして走るのも上手になり、つま先立ちをしたり、
両足で飛び跳ねたりする子も出てきます。

このように運動能力が著し発達するのも、2歳児の特徴の一つです。

しかし、発達・発育において個人差があるのも当然のことです。
そして2歳児には2歳児なりの運動能力の発達があることも忘れてはいけません。

トントンと足だけで階段を下りる子を見ながらも、ちょっとためらってしまう子もいます。
「わが子」が1日1日しっかりと成長をしていることを見守っていくことが大切なことなのです。
他の子と比べてうちの子はできない、と落ち込むことはありません。

2007年05月24日

2歳児の発達~運動能力の発達を促そう~

運動能力をより発達させるのには、
「歩くこと」が重要なポイントになります。

子供と一緒に歩くと、道に咲く草や花、止まっている虫や飛んでいる鳥に気を取られたり、
歩道の縁石に上ってみたり、道草も多くて時間がかかりますよね。

しかしこれも2歳児にとっては、とても素敵な成長の証なのです。
これは何だろう?という探究心の発達は、自発性が目覚めていることなのです。

そして何よりも「体を動かしたい」という欲求が出てくることが2歳児
運動能力が発達しているので、その欲求を満たしてあげたいですね。

安全に飛んだり跳ねたり、走ったり歩いたりできる場所は、やはり公園です。
できるだけ公園に連れて行って、思い切り遊ばせてあげましょう。
遊びながら歩いて走って、楽しく2歳児の運動能力の発達を促してあげてください。
楽しみながら発達していくことが、子供にとっては重要なことなのですから。

2007年05月27日

2歳児の発達~言葉の爆発期がやってきます~

言葉の発達は、本当に個人差があります。
一般的には男の子よりも女の子の方がおしゃべりをし始めるのも早く、上手です。

ところが2歳児になると、突然おしゃべりをし出します。
この時期を専門家には「言葉の爆発期」と呼ぶ人もいます。

話せる単語数もかなり多くなり、
2語文から「ワンワン ネンネ シテル」の3語文へとステップアップします。
会話も成立するようになり、おしゃべりが楽しくなるのも2歳児の特徴。
独り言を言っていることもあります。

まだ言葉の使い方を間違えることもありますが、自由に使わせてあげてください。
これは知的発達の現れであり、この時期を大切にしていきましょう。

それには、お母さんがきちんとした言葉を使う必要があります。
2歳児が赤ちゃん言葉になってしまうのは、
言葉の発達段階ですから仕方のないことです。
しかしお母さんも赤ちゃん言葉を使う必要はありません。

また、色々な場面でお母さんが見たもの、感じたことをどんどん語りかけていきましょう。
例えば信号に差しかかったら「信号が青になったら渡ろうね」とか
「信号は赤の時は止まれだよ」ということでいいのです。

難しく考えず、言葉をかけてあげることが発達において必要なことなのです。

2007年05月30日

2歳児の発達~上手に手指を使えます~

2歳児は知恵や運動能力の発達に伴って、手指を使うことが上手になっていきます。

絵本も今までは3~4ページまとめてめくっていたのが、
1ページずつめくれるようになったり、クレヨンを使って丸が描けるようにもなります。
他にもブロックや積み木で家を作ったり、線路や道路を作って、電車や車を走らせてみたり。

水道の蛇口をひねる、ドアの取っ手を回す、
鍵を開けるなどの難しいことができるような発達も見受けられます。

手指を使うことによって、他の能力もどんどん発達していきますので、
時には手を差し延べながらも、いろいろなことに挑戦させてあげましょう。

また、2歳児は一人遊びをすることによって想像力や感受性が発達していく時期でもあります。
夢中になってひとりで遊んでいる時は、温かく見守ってあげましょうね。

About 2007年05月

2007年05月にブログ「2歳児.jp」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

次のアーカイブは2007年06月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。