« 2007年07月 | メイン | 2009年02月 »

2007年08月 アーカイブ

2007年08月01日

食事は楽しく

食事に集中させるために、テレビは消しましょう。
それよりも家族揃って食卓を囲み、今日あった出来事をお喋りしながら食事をしてみては?
ほどほどのお喋りは消化吸収にもいいですし、食事も進みます。

食事の時間がまちまちになってしまう家庭もあるでしょうが、
お父さんがお休みの日には、できるだけ家族みんなで食事を取るよう、心がけてください。

また、型押しや型抜きをしてみたり、
切り方、盛り付け方を変えてみると、食が進むこともあります。

そして食事のマナーも大切なのですが、
「ほら、またこぼして!」など、ちょっとしたことで叱ったり、
マナーに対して厳しすぎてしまうと、子供も食事が楽しくなくなってしまいます。

2歳児では保育の面から、上手に食べることよりも、
楽しく食べることを教えてあげましょう。

楽しい食卓は、自然と子供の手や口も進み、
食べることの楽しさを身を持って体験することができますよ。

2007年08月04日

2歳児の食事~料理のポイント~

お母さんがせっかく作る料理ですから、おいしく食べてもらいたいですよね。
次のポイントを考慮しながら、子供にも楽しくおいしく食べてもらいましょう。

・塩分、糖分は控えめに。
・おかわりをさせるつもりで、1杯分の量を少なめに。全部食べた、という達成感もありますし、食欲も増します。
・子供の口の大きさに合わせた切り方を。大人の半分の大きさが目安。
・やきそば、ラーメンなどの麺類には野菜や肉をプラスして、栄養素もプラス。
・あんかけ料理、シチューなどは舌触りもよく、食べやすいです。
・小魚や牛乳といったカルシウムは大人も子供も欠かせません。
・野菜は生野菜もいいですが、煮物や炒め物の方が食べやすくおいしいです。
・好きな料理ばかりではなく、苦手な料理も一緒に添えてみて。ちょっとでもいいから口に運ばせましょう。

2歳児の食事には、保育者のひと手間ひと工夫も必要です。
毎食、となると負担になってしまうでしょうから、
最低でも1日1食はこのポイントを頭において料理を作ってみてくださいね。

2007年08月07日

食事のマナーの教え方

2歳児には、まだ本当の好き嫌いはありません。

初めて口にするものや臭いの強いもの、からいもの、固いものや苦いものは
まだ食べにくいものです。

無理強いをしない程度に食べさせてみたり、
時期をみて改めてチャレンジしてみてください。

また、この頃になると“自分の物”が分かるようになりますので、
自分のお箸やお茶碗を用意してあげて、食事への意欲を高めていきましょう。

そして食べ始めの5分間は食べる姿を見守ってあげてください。
そのうえでお箸の持ち方やお茶碗の持ち方、
口への運び方といった食事のマナーを教えてあげてくださいね。

あまり大人が口うるさくしてしまうと、「食べる」意欲をなくしてしまいます。

遊び食べや食事中に立ち歩くことはマナー違反であることも、
保育の点からいってもきちんと教えていかないといけない時期でもあります。

けじめをきちんとつけながら、子供の食事への関心を高めていきましょう。

2007年08月10日

2歳児の特徴~やる気を引き出し受け入れよう~

一人でいろいろなことができるようになり、かなりお母さんの手も離れていきます。
でもまだまだ感情のコントロールがうまくできず、かんしゃくを起こしてしまいます。

この二面性が2歳児の大きな特徴なのです。

ですから、お母さんは子供のやる気を受け入れていきましょう。

生活習慣におけるポイントとしては

・できたことをどんどん誉めよう
・できる喜びを経験させて
・やりたい気持ちを大切に
・失敗しても叱らない
・できるまで待ってあげて
・他の子と比べてはダメ

があげられます。

これらのポイントを踏まえて、接し方を考えていきましょう。

・なるべく自分のことは自分でやらせてみましょう。
根気が必要ですが、一人の人間として生きていく力がつきます。

・エネルギー発散、運動能力の発達のためにも、広い場所で遊ばせましょう。

・同年齢の子と一緒にいることが楽しい時期。
子供と接することができる場所に連れて行きましょう。

2007年08月13日

2歳児の発達~言葉が遅いことが気になる~

2歳児の言葉の発達は、本当に個人差が大きいものです。
立派に会話が成立している子もいれば、まだ単語だけ、2語文だけという子まで。

言葉が遅い子のママは、
「ちゃんと話しかけているの?」「まだお喋りしないの?」
と言われて傷ついたり、

「私は語りかけが少ないのだろうか?」「もしかしたら病気なのでは・・・」
と悩む人が多いかと思います。

この時期では、まず“分かる”ことが大切。

ママが言っていることを理解し、コミュニケーションが取れているのであれば大丈夫。
今は言葉を溜めている時期なのです。

4歳、5歳になり幼稚園に通い始めてから、突然話し出し、
悩んだことが嘘のようという場合もあります。

言葉を出すことよりも、今は何か他のこと、
例えば体を動かすことの方が楽しく、そちらに興味があるのかもしれません。

焦らずじっくりと、諦めずに言葉をかけていってあげてくださいね。

About 2007年08月

2007年08月にブログ「2歳児.jp」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2007年07月です。

次のアーカイブは2009年02月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。