« 2009年02月 | メイン | 2009年04月 »

2009年03月 アーカイブ

2009年03月05日

目が離せません!だから2歳児なんです

自分の思うように体を動かせるようになる2歳児は、

好奇心でいっぱい。

 

目に見えるもの全てが不思議で、手に届く所にあれば

何でも手に取ろうとします。

 

でも、全てが手に触れていいものばかりではありません。

大人として、ちょっと厳しく禁じることは必要手段。

 

善悪の区別がまだつかないのも2歳児。

なぜ禁止されているのかもわからず、好奇心を押さえつけられたことから

イライラして物を投げたり乱暴な行動に出たり、反抗をするのです。

 

2歳児の特徴としては、自我が発達し、

所有欲や自己主張が激しくなること。

友達の物を「自分の物」と言ってみたり、

思うようにいかないとかみついたり、つねったり……

 

その反面、知らない人、知らない場所への不安が強く、

依存心も強くて甘えん坊。

 

子供の中で遊びたいのに、遊びのルールに従って遊べないので、

一人で勝手なことをしています。

 

そう。

一時も目が離せないんです。

 

でも、これが2歳児。

これが発達過程における2歳児なのです。

 

2歳児の発達

2009年03月14日

こだわることはいいことです!

とにかくこだわる。

とにかく頑固。

こう!と言ったらテコでも動かない。

 

これが2歳児の特徴といえます。

 

”魔の2歳児”っていいますが、2歳児の一挙手一投足にママが付き合っていたら

それはそれは大変なこと。

 

例えば。

ものすごく洋服にこだわる2歳児の女の子。

 

ママと同じ服を着たい!お気に入りの服を着たい!

それが通らないと泣くしわめくし。

 

あーもうなんでこうなの!!

朝が来るのが憂鬱になってしまいますよね。

 

お気に入りの服だって、洗わなければいけません。

もし洗濯をしていたら、濡れた服を実際に触らせて、

洋服をきれいにする必要があること、濡れているから今は着れないことを

わかってもらいます。

 

さすがに濡れた服は着たくないですよね。

 

納得をしない時は、自分で選ばせます。

コーディネイトは期待できませんが、自分で選ぶことは自立につながります。

 

ママと同じ服を着たがる時は、

「わー同じ色だね!」「おなじ柄だね」

と本の小さな部分でいいので、共通点を見つけあげます。

 

これにはママの努力が必要ですが、”同じ”というだけで満足をしてくれるので

毎朝イライラするよりは楽しいと思いますよ。

 

洋服に限らず、何かにこだわりをもつことは決して悪いことではありません。

「こだわり」といってしまうと、なんとなくマイナスイメージになってしまうのですが、

自己主張ができることは、物事に深く興味を持つ素晴らしい自己表現。

 

長い目で付き合ってあげましょう。

いつかは懐かしい笑い話です。

 

2歳児のこだわり

2009年03月20日

天気のいい日は外で遊ぼう

お友達と一緒に遊ぶことが楽しい2歳児。

でも、自己主張のぶつかり合いからおもちゃを取り合って、

喧嘩勃発…なんてことはしょっちゅう。

 

でもすぐに仲直りして、仲良く遊べるのも2歳児なのです。

 

活発に動くので、天気のいい日は外で思い切り遊ばせましょう。

時には転んで怪我をすることもありますが、

ちょっとした怪我だったら経験も必要。

見守っていてあげてください。

 

外で遊ぶ時は、身体をたくさん動かす遊びがいいですね。

登ったり飛び降りたり、砂利道体験も楽しめます。

 

タイヤのある公園があれば、好きなタイヤを選ばせて自分の家とします。

「お散歩に行くよ」と誘って、歌を歌いながら歩きます。

「帰りましょう」で自分の家(タイヤ)に戻らせます。

 

子供って自分のお城があると喜ぶんですよね。

リズム遊びやルールも覚えられるし、お友達と一緒に楽しめます。

 

タイヤでなくても、岩であったり木であったり、

いろんな応用編を見つけてみてください。

 

外遊びを通じて、友達との遊び方、喧嘩をした後の仲直りの仕方、

怪我の経験……

いっぱい体を動かして、いっぱい体験させてあげましょう!

 

外遊び

About 2009年03月

2009年03月にブログ「2歳児.jp」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2009年02月です。

次のアーカイブは2009年04月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。